児童発達支援放課後等デイサービス

清田リハビリセンター児童発達支援放課後等デイサービスの特徴

・医療の専門職、理学療法士・看護師による積極的なリハビリの提供

・英文科大卒指導による「英会話教室」

対象:肢体不自由児・学習障害・発達の遅れ・自閉症・運動障害などのお子様

清田リハビリセンター,札幌市清田区,介護

ご利用対象者

・障がい児(者)手帳をお持ちの方

・児童デイサービスの支給決定を受けている方

清田リハビリセンター,札幌市清田区,介護

当施設のリハビリは理学療法士・作業療法士による※ ハンドリングを中心としております。

見て・触って・調整する日々の積み重ねと考えております。

運動発達の遅れ・感覚機能の調整・バランス訓練など 積極的なリハビリを受けることが可能です!

※ハンドリングとは?

療法士の手を通して患者さんの動きを誘導・援助することです。

ハンドリングにて、現在の関節運動や動作を確認(評価)することで今後の課題を見出したり、困難になりつつある動作の進行を遅らせようとします。

また、今後獲得可能な運動・動作を誘導・援助することです。

理学療法

◆対象とするお子様

・運動発達(座る、ハイハイする、立つ、歩くなど)が遅れている。

・身体がかたい・やわらかい・ぐらぐらしているなどのため運動・動作がぎこちない。

・抱きづらい、どう座らせたら良いか、どう姿勢を介助したら良いか、どのように遊んだら良いかわからない。

・呼吸が苦しそう、痰が出しづらい。

・関節が硬く変形が心配。

・家庭や学校などで快適に学習や活動に参加するために装具を考えたい。

◆理学療法で行っていること

・生まれつきの病気や後天性の病気、ケガなどのため発達が遅れている、寝返りや立ち上がり、移動が難しいお子様に対し発達を促します。
また、筋力をつけることや関節を動かしやすくすること、筋肉の緊張を整える等の介入を行い運動機能の向上や改善、変形の予防を図ります。

・日常生活上で困っていることに対し、お子様とご家族の方が無理なく、より楽に行える方法を提案します。

・呼吸が苦しそうなお子様や痰の出しづらいお子様に対して、快適な呼吸を目指し介入します。

・日常生活や学校生活で出来るようになってほしいことや、改善したいことに注目し、そのための準備や対応策について検討します。

・お子様の身体の状況に応じて補装具や車椅子、座位保持装具等の情報を提供し、医師や制作業者と連携して製作をお手伝いします。

・各ライフステージに合わせて、乳幼児はおもに基本的な運動能力の獲得と育児支援、幼児期は運動能力の獲得と向上、幼稚園は学校への参加を支援していきます。
学童期以降は二次障がいへの対応や機能低下と介助負担増に配慮した介入を行います。
そして関係機関とも連携し、地域生活への参加を支援します。

清田リハビリセンター,札幌市清田区,児童発達支援,放課後等デイサービス

作業療法

◆対象とするお子様

・運動発達の遅れがあり、動作がぎこちない。

・服の脱着がスムーズに出来ない、鉛筆やハサミ等の道具の操作が苦手である、箸やスプーンを上手に使えないなど手先の細かな動作が難しい。

・ベタベタしたものが手につくことを嫌がり、粘土や土で遊ばない。

・大きさや色、形、方向、数の違いがわからない。

・落ち着きがない、課題や人の話に集中できない。

◆作業療法で行っていること

・お子様とご家族の思いや願い、生活を考慮し、発達状況に合わせた遊びや課題を選択します。
また、楽しみながら意欲的に集中して取り組めるよう関わります。

・生活や遊びに必要な座位や立位の姿勢保持、移動動作、握る、つまむ等の手の使い方の獲得に向け支援します。

・習字やハサミ、定規などの道具操作の難しさに対して、手の細かな動作の練習、道具の工夫や補助具を使うことにより、道具操作の向上を目指します。

・遊びの中で、様々な感覚刺激を受け取り、それらを適切な運動や行動に結びつける経験を積み重ねることによって、学習に必要な大きさ、色、形、方向、数等が理解できるよう支援を行います。

・食事・排泄・着替えなど、身の周りの動作の難しさに対して、動作能力の向上や道具の工夫、介助の仕方のアドバイスを含めた支援を行います。

・必要に応じて幼稚園、保育園、小学校、児童デイサービス事業所等と話し合い、地域生活を支援します。

清田リハビリセンター,札幌市清田区,児童発達支援,放課後等デイサービス,言語聴覚療法

利用料金について

障がいの区分、介護度等によって異なります。詳しくはお問合せ下さい。

清田リハビリセンター,札幌市清田区,介護